MENU CLOSE

会社沿革

Milestone of MK KASHIYAMA(Since 1946-)

1946

5月先代樫山信が樫山商店創業、自動車部品の販売を始める

1960

12月21日、樫山プレス工業株式会社(現エムケーカシヤマ)設立(資本金1,200万円)、自動車部品の製造販売開始

1965

ブレーキシューの製造開始

1966

Makoto Kashiyamaのイニシャルを冠してMKブランドにてブレーキシューアッセンブリーとして市販開始

1967

ディスクブレーキパッドの製造開始

1971

ディスクブレーキローターの製造開始

1975

東京営業所を板橋区小豆沢から日本橋茅場町へ移転

1976

ブレーキシューアッセンブリーが日本自動車部品協会(JAPA)より自動車優良部品に認定される

1979

1月17日、先代社長樫山信没

代表取締役 樫山高士就任

1981

芝宮工場(現STAGE.2)竣工

1983

ブレーキシュー800万本、ブレーキパッド60万Set達成

1984

ディスクブレーキパッドが日本自動車部品協会(JAPA)より自動車優良部品に認定される

株式会社ウインマックス設立。レース・ラリー用ブレーキの製造販売開始

1987

エムケーカシヤマ株式会社に社名変更

1988

汽車工業有限公司(マレーシア国)と提携(マレーシアでブレーキの製造を開始)

1990

小田井工業団地へ技術研究所及びSTAGE.3工場竣工

社章商標登録 平2-74062

汽車工業有限公司(マレーシア国)をエムケーカシヤマ(マレーシア)株式会社に社名変更

1991

中小企業庁長官より中小企業合理化モデル工場に指定される

1994

MK PRIMA INDONESIA株式会社設立。インドネシアでブレーキの製造販売開始

ドイツ国土交通省の保安基準(ABE)規格取得

1995

MK KASHIYAMAシンガポール株式会社設立。自動車部品販売開始

1996

ISO9001認証取得

1997

営業部門を中央区日本橋へ移転

1998

エムケーカシヤマ(マレーシア)と契約期間終了に伴い提携解消

1998

ECER90(欧州基準)を取得

オペレーションセンターを佐久市岩村田に竣工し、総務部門を移転、創夢部とする

営業部門を佐久市へ移転。CS.CENTERとする

2001

創夢部を小田井工業団地へ移転

2002

資本金8,000万円に増資

技術部門ISO14001認証取得

ブレーキライニングの自社開発品完成、インドネシアにて量産開始

2004

環境対応製品「エコパッド」販売開始

営業部門を小田井工業団地へ移転

2008

USA MAT社と業務提携、資本金1億円に増資

2009

株式会社ウインマックスを吸収合併

インド・デリー Danblock Brakes India にてディスクブレーキパッド委託生産開始

総務部門STAGE.1へ移転

2010

代表取締役会長 樫山高士 就任

代表取締役社長 樫山剛士 就任

取締役副社長 樫山洋之 就任

2011

産業建設機械用ブレーキ製造開始

総務部門STAGE.2へ移転

2012

MK KASHIYAMA THAILAND株式会社工場竣工

タイでディスクブレーキパッド製造開始

MKローター復活 12月21日より、販売開始

2015

「がんばる中小企業・小規模事業者300社」に経済産業省より選定される

大阪市へ特販部開設

MK KASHIYAMA THAILAND 株式会社 工場閉鎖

2017

1月 代表取締役会長 樫山高士 退任

MK PRIMA インドネシア 工場増設

2018

4月 モスクワへ事務所開所

MK Kashiyama Corp.Moscow sales office(Rep.)

2019

4月 東海マテリアル株式会社様の自動車補修品事業を譲受

FC Materialブランドにて製造・販売開始

SUPPORT & CONTACT

各種製品情報の検索・お問い合わせはこちらから